月ケ瀬梅渓(つきがせばいけい) は良いですよ~

2月の下旬からが見ごろになります。梅の花にスポットを当ててみました。
そこで、思いついたのが「月ケ瀬梅渓(つきがせばいけい) 」です。
「月ケ瀬梅渓 」は、関西でも屈指の梅林として知られ、月ケ瀬の中央を流れる名張川が刻んだ雄大なV字渓谷の両側に、約1万本といわれていますみごとな梅が植樹されています。梅の見ごろの2月下旬から3月下旬には、紅白の梅の花があたり一面を埋め尽く、いい香りを放っています。
江戸末期~明治時代には文人墨客も相次いで訪れたことがあり、
芭蕉も感嘆して「春もやや けしきととのふ 月と梅」と詠んだほどです。

■月ケ瀬梅渓(つきがせばいけい)
(梅データ)
 例年の見ごろ: 2月下旬~3月下旬
 本数:約10000本
 種類:白加賀、玉英、青軸、鶯宿梅、紅千鳥など

 開園時間:8時30分~4時30分
 定休日:無休
 料金:入園無料
 所在地:奈良県奈良市月ケ瀬

 交通(電車):近畿日本鉄道上野市駅→三重交通バス桃香野行きで30分、
    バス停:尾山下車、徒歩5分
 交通(車):西名阪道五月橋ICから4km7分
 駐車場:あり(普通車600円、バス2000円)
 問合せ先: 07439-2-0300

 月ケ瀬梅渓に関するHPはこちら
 http://domestic.travel.yahoo.co.jp/bin/tifdetail?no=jtba3903240

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック